後見について。

成年後見に関するご相談は横浜市港北区の司法書士 飯島忠則事務所へ。

後見について


後見は、本人に精神上の障害により判断能力が全くない場合に、家庭裁判所の審判とともに後見人が選任されます。その後見人が本人を代理してさまざまな契約を締結したり、財産を管理したりして、本人が亡くなるまで本人のために活動します。具体的には、選任後まず本人の財産目録を作成します。施設入所が必要な場合は、本人に合ったよりよい施設を探して入所手続を行ったり、必要に応じて不動産を売却(居住用不動産については家庭裁判所の許可が必要)したりと、その内容は多岐に及びます。

topへ