保佐について。

成年後見に関するご相談は横浜市港北区の司法書士 飯島忠則事務所へ。

保佐について


保佐とは、後見には至らないにしても、精神上の障害によって判断能力が著しく不十分な場合を指します。この場合には、家庭裁判所の審判とともに保佐人が選任されます。
本人は、日用品の購入などの日常生活に関する行為は単独で行えますが、重要な財産行為については保佐人の同意が必要となり、本人が同意を得ずに行為を行った場合には、取り消すことができます。 また、家庭裁判所で定められた特定の事柄については、保佐人が本人の代理人として法律行為を行うことが可能になります。

topへ