有限会社から株式会社化への変更について。

会社の登記に関するご相談は司法書士 飯島忠則事務所へ。

債務整理について


旧商法時代(平成18年5月まで)に設立された有限会社はそのまま存続しますが、商号の変更手続きで株式会社に変更することができます。


商号変更は株主総会の決議ですることになりますが、その際増資などはする必要ありません。ただし、今後は有限会社を設立することはできないため、株式会社に変更してしまった後は、二度と有限会社に戻すことはできません。


また、有限会社では定期的な役員変更登記が不要ですが、株式会社では定期的に役員変更登記義務が発生するなど、有限会社とは取扱いが異なることもありますので、株式会社への変更をご検討の場合は、ぜひご相談ください。

topへ