不動産登記に関するご相談は司法書士 飯島忠則事務所へ。

抵当権の抹消について。

抵当権の抹消について


抵当権の抹消とは、住宅ローンなどの返済が終わって担保となっていた抵当権を抹消することです。この抹消をしていないと、後にその不動産を売却する時などに問題になることがあります。ご自宅などに設定登記されていた抵当権を消すためには、抹消登記が必要です。


金融機関から抹消書類の交付を受けただけで、抵当権抹消登記をしないでいると、有効期限が定められている書類もあるため、経過期間によっては書類の再交付を受けなくては、登記の抹消ができなくなる場合があります。

ご依頼時に必要なもの

金融機関から交付された書類
登記原因証明情報(抵当権解除証書、放棄証書等)
登記済証(抵当権設定契約書)または登記識別情報
代表者事項証明書
委任状

※場合によっては上記に加えてその他の書類も交付される場合もあります。

お客様の印鑑(認印で構いません)

topへ