債務整理に関するよくある質問。

その他お悩みも横浜市港北区の司法書士 飯島忠則事務所にお任せ。

債務整理のよくある質問


質問

 債務整理とは何ですか?

答え

 債務を整理することで、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の4つの方法があります。債務を返済していく方法が、任意整理・個人再生・特定調停の3つの方法があり、債務を返済できない場合は自己破産になります。

 
   
   
質問

 債務整理をすると周りの人間に知られてしまうのか?

答え

 基本的に知られることはありません。

   個人再生や自己破産の場合は、官報に掲載されます。しかし、一般の人で官報を読んでる人はほとんどいませんし、大体官報という印刷物があることさえご存知ないと思います。また、裁判所から勤務先等へ通知をすることもありません。
   
   
質問

 家族に内緒で債務整理はできるのか?

答え  任意整理であれば可能です。
   任意整理は裁判所を通さず、代理人(司法書士)と債権者との間の話し合いだけで解決し、官報にも記載されないので知られることはまずありません。しかし、ご家族内で現在の苦しい状況をよく話し合い、家族の協力を得られた方がより良い解決につながるものと思います。
   
   
質問

 会社を辞める必要はないのですか?

答え  会社を辞める必要はありません。
   仮に何らかの理由により、自己破産をしたことが会社に知られてしまっても(会社からお金を借りていれば、自己破産や個人再生の場合は会社へ通知されます)、会社は破産を理由に解雇にすることはできませんし、辞める必要も一切ありません。
   
質問

 借金の取り立てがなくなるというのは本当ですか?

答え  債務整理をすると貸金業者からの取り立て等の連絡はすべてなくなります。
   貸金業者からの取り立て等の連絡は、すべて代理人が受け付けます。債権者は、代理人(司法書士)から受任通知書を受け取った時点で、債務者に直接連絡をとることは許されなくなり、債務者へ連絡しません。ただし、例外があります。それは、ヤミ金融業者です。彼らは法律を無視した違法金融業者のため、取り立てが続く場合があります。
   


topへ