任意整理に関するよくある質問。遺言などのご相談も司法書士 飯島忠則事務所です。

自己破産のよくある質問


質問

 任意整理とはどういう手続きですか?

答え  司法書士が依頼者に代わって債権者と交渉し、約3年で債務を返済すことができるように、返済額や返済期間について債権者と話し合い解決をする手続きです。
 
   
   
質問

 どのような場合に任意整理を利用することができるの?

答え  任意整理は利息制限法に基づいて債務額を確定し、債務者の収入の中から3年間程度で返済が可能かどうかが1つの目安になります。
 
   
   
質問

 任意整理をすると借金はどのくらい減少するのか?

答え  債務整理をすると利息制限法に基づいて債務を計算し直しますので、貸金業者との取引期間が長ければ長いほど返済額は減ります。また、一般的には5年以上取引があると借金が0円になる可能性があります。5年以上の取引があると過払金が発生している事もあり、貸金業者からお金を取り戻すことができる場合もあります。
 
 
   
   
質問

 任意整理すると保証人に迷惑はかかりませんか?

答え  任意整理手続きを始めても、保証人には何ら影響が及ばないため、任意整理による話し合いがまとまるまでは、債権者は保証人に返済を請求することもできます。
 
   ですので、保証人も含めた任意整理を考える必要がありますので、必ずご相談下さい。
   
   
質問

 一部の債権者と任意整理することはできますか?

答え  一部の債権者のみを対象とした任意整理は可能です。
 

 たとえば、自動車のローンがある方は、そのローン会社を除いた貸金業者の借金だけを任意整理することができます。

   
   
質問

 自動車ローンは任意整理できますか?

答え  自動車ローンの場合、通常は支払が終わるまでの間は、自動車の所有権はローン会社にあります。ローン会社との慎重な話し合いが必要になります。
 
   
   
質問

 ギャンブルや浪費が原因の借金でも任意整理することができますか?

答え  借金の原因は関係なく、任意整理は可能です。
   任意整理は裁判所を利用しませんので、借金の原因がなんであろうと問題にはなりません。
   
   
質問

 税金・国民健康保険料・社会保険料は任意整理できますか?

答え  税金・国民健康保険料・社会保険料などの国への債務は任意整理の対象とはなりません。場合によっては分割払いなどの相談に応じてくれる事がありますので、一度管轄の公的機関にご相談ください。
   
   
質問

 任意整理をした貸金業者以外のカードも使用できなくなりますか?

答え  基本的には使用できなくなります。
   ただし、任意整理の対象ではない貸金業者に滞りなく返済している場合は、貸金業者が信用情報登録を確認しないため一時的にカードが使用できる場合もあります。しかし、カードの更新時期には信用情報報登録を確認すると思いますので、どこかの時点でカードは使用できなくなると考えられます。
   
   
   

 

topへ