過払い請求などのご相談は横浜市港北区司法書士 飯島忠則事務所

払い過ぎ(過払い)について


例えば債権者から、50万円を利息29%で借りていたとします。

この場合の1ヵ月の利息は、次の通りです。
¥500,000 × 29% ÷ 365日 × 30日 = ¥11,917
一方、利息制限法の利息である18%で計算すると、次の通りです。
¥500,000 × 18% ÷ 365日 × 30日 = ¥7,397

¥11,917と¥7,397との差額¥4,520は、今までは利息として払っていたわけですが、債務整理をすることにより、元本の支払いに充てることができます。この差額¥4,520は1ヵ月で生じた額ですので、借入期間が長いほど差額も大きくなります。
一般的なケースでは、5年間取引をしていれば、この差額の合計額が債務残額を上回ってしまい過払となります。この過払い額を返還するよう債権者に請求することになります。(過払返還請求)

topへ